赤倉研究室の卒業論文・修士論文・博士論文の研究テーマ閲覧ページです。
研究テーマをクリックすると概要と、抄録のダウンロードボタンが表示されます。
※ 本サイトにログインしている赤倉研ユーザのみ、ダウンロード可能です。

2020年度

⼩林 明雄: LDA を⽤いた商品レビューの可視化⽅法の提案
英文題目: A Proposal for Visualization Method of Product Reviews using LDA
氏名: ⼩林 明雄 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 本論⽂では、EC(Electronic Commerce)サイトにおける商品購⼊の判断材料となる商品レビューの概要を把握するために、LDA(Latent Dirichlet Allocation)を⽤いて商品レビューを分析し、ブラウザ上で可視化する⽅法を提案する。まず、商品レビューに含まれる単語をトピックに分類する。次に、各トピックに含まれる商品の属性と評価に基づいて、共起ネットワークを作成する。本システムを⽤いることで、ユーザは選択的に各トピック別の商品レビューを把握することができる。本システムの有効性を確認するために、10 名の被検者に対して、本システムとAmazon サイトのレビューの使⽤感を⽐較する評価実験を⾏った。評価実験の結果、商品レビューをトピックごとに提⽰する本システムは、Amazon サイトのレビューよりも、効率のよい情報収集が可能であることが⽰唆された。また、Amazon サイトのレビューと本システムを同時に利⽤することで、より効果的な情報収集に繋がる可能性も⽰唆された。

“LDA を⽤いた商品レビューの可視化⽅法の提案” をダウンロード 4617031-小林 明雄.pdf – 2 回のダウンロード – 685 KB

小山 陸: 授業映像と骨格推定技術を用いた VR授業作成システムの提案
英文題目: Proposal of VR Class Creation System using Skeleton Pose Estimation Technology
氏名: 小山 陸 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 近年,情報技術の発展により,e ラーニングの普及が拡大している.e ラーニングは,時間と場所を選ばないことや,教材コストが低いなどの利点がある.一方で,学習意欲の低下やドロップアウトの誘発が課題となっている.この課題を解決するアプローチとして,先行研究では,VRを用いた授業システムが開発されている.VR空間に再現された教室に,教師と他学習者のアバタが配置されており,受講者は実際の講義形式に近い形で授業を受けることが可能である.評価実験の結果として,孤独感の解消と,継続的な学習に対する意欲の向上が示唆されたが,教師アバタのモーション作成にはモーショントラッキング用の装置の装着が必要であり,教師に負担がかかるという課題があった.そこで本研究では,授業映像と骨格推定技術を用いたVR授業作成システムを提案した.本システムは,撮影した教師の授業映像に対して骨格推定を行い,作成されたモーションデータを教師アバタに適用することで,教師の負担が少なくVR授業を作成できるものとなっている.評価実験の結果として,授業時の教師の負担が少ないことから,容易にVR授業が作成できる本システムへの肯定的な評価が得られた.

“授業映像と骨格推定技術を用いた VR授業作成システムの提案” をダウンロード 4617035-小山 陸.pdf – 2 回のダウンロード – 2 MB

齋⽊ 駿輔: 対話のネットワーク化分析による協調学習中の理解深度定量化⼿法の提案
英文題目: Proposal of a Method for Quantifying Depth of Understanding during Cooperative Learning by Networked Analysis of Dialogues
氏名: 齋⽊ 駿輔 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 学校教育の現場ではアクティブラーニングが注⽬されている.その⽅法の⼀つとして,学習者同⼠の対話から理解の深化を望む,協調学習の実施が提案されているが,その深化の様相を捉えることは困難であり,授業改善を⾏いづらいため,実践例は多くない.この課題を解決するため,本研究では,協調学習中の対話データから算出される,各学習者の理解深度を推定しうる指標の提案を試みた.分析の結果,「語の共起ネットワークにおける媒介中⼼性」と「疑問直後に発⾔した回数」の2 指標が,理解深度を表しうることが⽰唆された.各指標の組み合わせによる理解深度推定精度向上や,⾳声認識を⽤いた上での精度検証などを経ることで,協調学習指導者を⽀援するシステムへの応⽤が期待される.

“対話のネットワーク化分析による協調学習中の理解深度定量化⼿法の提案” をダウンロード 4617037-齋木 駿輔.pdf – 5 回のダウンロード – 805 KB

鈴木 智之: 3Dプリンタを活用したカム機構の学習教材開発と評価
英文題目: Development and Evaluation of Teaching Materials for Cam Mechanism using 3D Printer
氏名: 鈴木 智之 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 中学校技術・家庭科分野の授業構成において,工具の使い方や材料の加工方法などの技能習得要素の割合が高く,設計学習の時間が少ないことが示唆されている.そこで本研究では,前期中等教育機関での設計・製作学習例としてあげられる「カム機構」を題材として,将来教育利用が期待されている3Dプリンタを活用し,技能習得要素に偏らない設計・製作学習が可能であるカム機構の模型教材を開発した.本模型教材は,学習者の設計をもとに製作した原動節部品との組み合わせから,カム機構の動力伝達を体感することが可能となっている.本模型教材の授業活用を想定した評価実験の結果より,本模型教材による学習では,初学者・有識者問わず同等の知識獲得が可能であることが示された.また,学習前後でカム機構に関する理解度の向上がみられたことから,本教材がカム機構の学習教材として有用であると示唆された.

“3Dプリンタを活用したカム機構の学習教材開発と評価” をダウンロード 4617044-鈴木 智之.pdf – 0 回のダウンロード – 2 MB

藤原 尚志: VR機器を用いた複数人で行う協働型化学実験環境の構築
英文題目: Development of Collaborative Chemistry Experiment Environment using VR
氏名: 藤原 尚志 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 近年,その重要性が再認識されている遠隔授業において,インタラクションが困難であることから,十分な学習効果が得られないことが予想される科目が存在する.そのような科目の一つである化学実験に対して,HMD式VR を利用した,遠隔での化学実験が試みられている.しかし,それらの試みでは,理科で重要とされる協働学習が行われていないという課題が存在した.そこで,本研究ではネットワークサービスを利用し,HMD式VRを利用した,遠隔でも化学実験が行える環境を提案した.具体的には,高校化学で扱われることの多い,炎色反応の実験と,金属イオンの分離実験を行い,テスト結果とアンケートで,環境の構築と,その有効性について評価した.その結果,HMD式VRを利用することで,協働学習が成り立つことが示唆されたとともに,HMD式VRを用いた化学実験において,学習効果が確認された.

“VR機器を用いた複数人で行う協働型化学実験環境の構築” をダウンロード 4617069-藤原 尚志.pdf – 4 回のダウンロード – 1 MB

守屋 惠喜: 太陽系惑星運動の観察と Error-based Simulation が体験可能な VR学習支援システムの開発
英文題目: Development of Learning Support System using VR to Observe Solar System Planets Motion and Experience Error-based Simulation
氏名: 守屋 惠喜 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 日本の初等中等教育において,宇宙教育の重要性が指摘されている.しかし,現状の高等学校・中学校の宇宙分野の授業において,観測や実体験の難しさが課題となっており,実用的な教材・資料の提供が望まれている.本研究は,この課題を解決するために,太陽系惑星を対象とした VR 学習支援システムの開発を目的とする.本システムでは,太陽系天体の特徴の説明と惑星運動の再現,及び教育支援教材の開発のアプローチの一つである,Error-based Simulation の理論を利用した万有引力の法則の学習が可能である.これにより,宇宙分野への興味・関心の向上と太陽系惑星の知識獲得,及び万有引力の法則の理解が可能かどうかを検証した.その結果,学習者には宇宙分野への興味・関心の向上,及び一定の学習効果が確認された.今後の課題として,自転運動の視認性を向上させるためのさらなるシステム改良と,高等学校の学習指導要領に基づいた学習内容の追加があげられる.

“太陽系惑星運動の観察と Error-based Simulation が体験可能な VR学習支援システムの開発” をダウンロード 4617084-守屋 惠喜.pdf – 3 回のダウンロード – 3 MB

安井 太一: 先天性視覚障害者が触覚により理解可能な擬態語モデルの作成と検証
英文題目: Development of Representation Models for Congenital Visually Handicapped Person to Understand Onomatopoeia Through Haptic Devices
氏名: 安井 太一 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 擬態語は,触覚や視覚などの情報から形成されるものであり,先天性視覚障害者は,視覚情報をもとに形成された擬態語の理解が困難である.この課題を解決するために,本論文では力覚装置を利用し,本来であれば視覚を用いることでしか理解できないような物体の動きを体験することで,擬態語の理解支援を行うシステムを作成した.評価実験の結果,作成したシステムを用いることで,力覚による誘導のみでも,擬態語表現のイメージをシステム利用者に伝えることが可能であることが示唆された.したがって,先天性視覚障害者がこのシステムを用いることによって,視覚情報をもとに形成された擬態語表現を理解することができるようになると考えられる.

“先天性視覚障害者が触覚により理解可能な擬態語モデルの作成と検証” をダウンロード 4617085-安井 太一.pdf – 0 回のダウンロード – 2 MB

安田 理志: LDA を用いた有価証券報告書の時系列分析
英文題目: Time Series Analysis of Annual Securities Reports using LDA
氏名: 安田 理志 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 本論文では、有価証券報告書の非財務情報を対象に、トピックモデルである LDA (Latent Dirichlet Allocation) を用いた時系列分析を行う。企業や業界の状況は市況などの変動により常に変化しており、有価証券報告書の記載内容もそれに合わせて毎年更新される。そのため、時系列を反映した情報を取得できれば、現在のトレンドの把握や将来の動向の予測に使用できると考えられる。しかし、有価証券報告書は複雑で膨大なテキストデータで構成されており、その内容を人手で把握するのは困難である。そこで、本論文では、LDA を用いて有価証券報告書を年度ごとに分析し、その結果について考察を行う。結論として、LDA によって算出される決算年ごとのトピック割合は、時勢の変化を適切に反映して変化していることが確認できた。

“LDA を用いた有価証券報告書の時系列分析” をダウンロード 4617086-安田 理志.pdf – 0 回のダウンロード – 669 KB

吉森 航平: 熟達者の視線行動を用いたデバッグ学習支援の提案と評価
英文題目: Proposal of Debugging Learning Support using Gaze Transition of Programming Experts
氏名: 吉森 航平 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 現状のプログラミング教育においては,プログラミング初学者がデバッグにハードルを感じており,学習者層が二極化しているという課題がある.この課題を解決するアプローチとして,プログラミングデバッグ時における学習者の視線情報に着目する.先行研究では,プログラミング能力に基づく視線傾向の存在が示唆されている.また,熟達者の視線行動をヒートマップとして,学習者に提示するプログラミング教育支援が行われている.しかし,提示した情報には順序情報がなく,熟達者の思考過程が伝わらないという課題があった.そこで,本研究では,熟達者のプログラミングデバッグ時における視線行動を,順序情報を含めて学習者に提示するシステムを作成し,このシステムを用いた学習の評価実験を行った.その結果,能力確認テストにおいて,点数の向上と,微小ではあるが視線行動を熟達者のものに近づける効果が確認できた.また,アンケート結果からは,熟達者の思考過程を伝達できていることが確認できた.

“熟達者の視線行動を用いたデバッグ学習支援の提案と評価” をダウンロード 4617093-吉森 航平.pdf – 2 回のダウンロード – 763 KB


2019年度

岡田 啓佑: 発話時の画像特徴と音声特徴に基づく精神疲労の推定
英文題目:
氏名: 岡田 啓佑 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 NO DATA.

“発話時の画像特徴と音声特徴に基づく精神疲労の推定” をダウンロード 岡田啓佑_赤倉研.pdf – 15 回のダウンロード – 893 KB

金林 雄太: 歯科インプラント治療における AR技術を用いた手術支援システムの開発
坂上 瑠一: プログラミングデバッグ時における視線移動の分析に基づく学習者の解決パターンのモデル化
英文題目: Modeling Learner’s Solution Pattern Based on Gaze Transition Analysis during Programming Debugging
氏名: 坂上 瑠一 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 現状のプログラミング学習においては, プログラミング学習者層が二極化しており,そのうち初級者の多くは十分なデバッグ手法を身につけていないという課題がある. 先行研究では, 潜在的な学習者の認知・思考過程のモデル化手法として, 視線遷移を用いたプログラミング時の認知・思考過程のモデル化を行っていた. しかし, 実際に手を動かすプログラミング環境における認知・思考過程のモデル化は行っていなかった. そこで本研究では, プログラムをコンパイル・実行可能な実際のプログラミング実行環境を用意し,プログラミングデバッグ時の解決過程を視線の運動パターンを基にモデル化することを目的とした. そして, 視線情報を基に, 特徴的な視線遷移パターンを抽出し, 分析を行なった. その結果, プログラミングデバッグ時のエラー解決が可能かどうかの傾向を予測する上で有用なモデルを作成することができた.

“プログラミングデバッグ時における視線移動の分析に基づく学習者の解決パターンのモデル化” をダウンロード 坂上瑠一_赤倉研.pdf – 42 回のダウンロード – 1 MB

櫻井 美樹: sLDA を用いた有価証券報告書のリスク情報と財務情報の関係性分析
英文題目: Analysis of the Relationship Between Business Risk and Financial Condition Using sLDA
氏名: 櫻井 美樹 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 本論文では,リスク情報と財務状況の関係性を明らかにするために,テキストマイニング手法の一つであるsLDA(supervised-LDA)を用いて情報・通信業,サービス業,製造業の有価証券報告書を対象とした定量・定性分析を行う.近年,財務情報を補完する情報である非財務情報への関心が高まっている.特にリスク情報は,企業の事業内容や経営状況が記載されており,企業によって内容が異なると考えられる.そこで,本論文では,財務状況を表す経営指標を教師信号としてリスク情報の分析を行い,リスク情報と財務状況の関係性について考察を行う.結論として,sLDAを用いた分析によりリスク情報と財務状況には関係性があることが示唆された.

“sLDAを用いた有価証券報告書のリスク情報と財務情報の関係性分析” をダウンロード 櫻井美樹_赤倉研.pdf – 14 回のダウンロード – 300 KB

程 子軒: 力覚装置を用いて書道の運筆を支援する書道訓練システムの開発と評価
英文題目: Development and Evaluation of Japanese Calligraphy Training System that Supports Brush Strokes with Haptic Device
氏名: 程 子軒 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 技術の継承は,熟練した技術を持つ師の存在が重要であり,他者からの言葉を用いた動作の説明が難しいことから,困難性の高いものである.この問題を解決するため,力覚を表現することが可能な力覚装置を利用した技術継承が試みられている.また,書道文化は喪失の危機に瀕しており,能動的に保護・継承に関する施策を打ち出す必要がある.そこで本論文では,力覚装置を用いた書道訓練システムの開発と評価を行う.本システムは,熟練者の運筆動作を元とした運筆支援を行うものとなっている.実験を行った結果,本システムを利用することで,書道の運筆動作が上達することが示された.さらに,運筆支援によって,熟練者の動作に近づくことが示唆された.

“力覚装置を用いて書道の運筆を支援する書道訓練システムの開発と評価” をダウンロード 程子軒_赤倉研.pdf – 17 回のダウンロード – 2 MB

富田 晟央: LDA を⽤いた⼤学シラバスの分析 - 進路指導に役立つ検索システムの提案と評価 -
英文題目: Analysis of University Syllabus with LDA: Proposal and Evaluation of a Search System Useful for Career Guidance
氏名: 富田 晟央 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 本論文では,進路指導支援を目的とした大学検索システムを提案・評価する.本システムは,利用者が関心に基づくキーワードを選択し,その組み合わせに類似する授業内容を扱う大学・学部・学科を提示できる.トピックモデル分析手法の一つであるLDA(Latent Dirichlet Allocation)を用いて,大学シラバスの授業内容から抽出したトピックをキーワードとして用いた.本システムの利用者は,シラバスの閲覧なしに,キーワードから大学検索を行うことができると考えられる.このシステムの評価を行うために,学習塾の進路指導員4名を対象に評価実験行った結果から考察を行う.結論として,本システムは大学検索を行う上で有用であることが示唆された.

“LDAを⽤いた⼤学シラバスの分析 - 進路指導に役立つ検索システムの提案と評価 -” をダウンロード 富田晟央_赤倉研.pdf – 12 回のダウンロード – 1 MB

平野 颯: 述語項構造解析と法律用語の難易度推定に基づく法令文の段階的平易化
徳永 達, 馬場 拓実: 非同期型eラーニングにおける講義形式を想定したVR学習空間の開発と評価
英文題目: Development and Evaluation of VR Learning Space Considering Lecture Format in Asynchronous e-Learning
氏名: 徳永 達, 馬場 拓実 指導教員: 赤倉 貴子 教授, 加納 徹 助教
 情報化が進む現在, eラーニングの普及が拡大し, 学習における時間・空間制約の緩和と共に, 学習状況の可視化, 活用も盛んに行われている. 一方で, 教師がいないことによる緊張感の低下や他の受講者がいない孤独感, それに伴う利用者の学習意欲と集中力の低下が問題となっている. 先行研究ではこの解決のためVRに着目し, 教員アバターを配置した授業システムや他の学習者アバターを配置した問題演習システムを開発した. 結果として, 緊張感の向上や孤独感の低減, アバターへの社会的存在感の付与ができたが, 講義形式の集団授業への応用が課題であった. そこで本研究では, 非同期型eラーニングにおける講義形式を想定したVR学習空間の開発と評価を行った. 具体的には, VR空間に教員および他の受講者アバターを配置した教室を再現し, テストとアンケートによって評価実験を行った. その結果, 従来のeラーニングと比較して孤独感が解消され, また, 継続的な学習に対する意欲の向上も示唆された.

“非同期型eラーニングにおける講義形式を想定したVR学習空間の開発と評価” をダウンロード 徳永達_馬場拓実_赤倉研.pdf – 24 回のダウンロード – 2 MB


2018年度

池田 航太: 有価証券報告書を用いた経営方針と事業リスクの関係性分析
英文題目: Analysis of Relationship Between Management Policies and Business Risks using Annual Securities Report
氏名: 池田 航太 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 近年,ビジネスの世界では非財務情報を用いた意思決定の必要性が増加している.特に非財務情報に該当するリスクを事前に把握し,対策することは重要である.そこで本論文は,経営方針に紐付くリスクを可能な限り把握し,企業の将来の戦略である経営方針を示すために,経営方針と事業リスクの関係性を明らかにすることを目的とした.EDINETに2015年4月1日から2018年3月31日に提出された全14,127件の有価証券報告書の計33 業界の経営方針と事業リスクの文書に対して,LDA(latent dirichlet allocation)を用いたトピックモデル分析を行った.さらに,トピックモデル分析を行ったデータに対してトピックごとの確率分布の距離(類似度)を求め,考察を行った.結論として,計33業界それぞれの経営方針と事業リスクにおける類似したトピックの関係性が明らかになった.

“有価証券報告書を用いた経営方針と事業リスクの関係性分析” をダウンロード 池田航太_赤倉研.pdf – 5 回のダウンロード – 343 KB

金子 愛莉: 社会的インパクト評価におけるロジックモデル作成支援システムの開発
英文題目: Development of a Support System for Creating Logic Model in Social Impact Measurement
氏名: 金子 愛莉 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 今日の日本では,社会的インパクト評価の需要が高まっている.国際的な社会的事業では,社会的インパクト評価を実施し,外部に情報を提供することが一般的になりつつある一方,国内の社会的事業では,人材やノウハウの不足により,普及率が低迷している現状がある.そこで,本研究では,国内での社会的インパクト評価の普及促進を最終目的とし,社会的インパクト評価の初段階であるロジックモデル作成率を上げるため,ロジックモデル作成支援システムを開発した.また,社会的事業者を対象とし,その事例的評価を行い,システムとしての有用性を検討した.その結果,システムは利用者の物理的・心理的負担の軽減に有効である可能性と,ロジックモデル作成意欲の上昇に有効である可能性が示唆された.

“社会的インパクト評価におけるロジックモデル作成支援システムの開発” をダウンロード 金子愛莉_赤倉研.pdf – 1 回のダウンロード – 1 MB

小林 和希: AR を用いた自主学習支援システムの開発と評価
小松 昌史: e-Testing における姿勢変動に頑健な試験時間全体での顔認証法の提案
英文題目:
氏名: 小松 昌史 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 NO DATA.
松本 崇志: VR 空間で他者と学習していると感じられる非同期型eラーニングシステムの開発
宮岡 慧: 非線形 SVM を用いた医薬特許パテンタビリティ予測モデルの構築
英文題目: Construction of Prediction Model for Pharmaceutical Patentability using Nonlinear SVM
氏名: 宮岡 慧 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 日本国の特許法は先願主義である.そのため,重要特許は他者より早く出願する必要がある.しかし,急ぐあまり不備のある明細書を出願してしまい,重要な特許出願に対して先を越されるという問題が起きる.この問題点を解消するために,先行研究では,ロジスティック回帰を用いたパテンタビリティ予測モデルの研究が行われた.しかしながら,この予測モデルは線形識別であるため,識別精度が高いといえないものであった.そこで本論文では,非線形識別器であるSVMを導入し,パテンタビリティ予測モデルの精度向上を目的とした.SVMのモデル評価実験で,先行研究のモデルよりもSVMモデルの精度が良くなった.以上の結果より,医薬特許に関するパテンビリティ予測モデルの構築において,非線形SVMモデルが有効である可能性が示唆された.

“非線形SVMを用いた医薬特許パテンタビリティ予測モデルの構築” をダウンロード 宮岡慧_赤倉研.pdf – 1 回のダウンロード – 430 KB

吉松 洋人: テキストマイニングによる有価証券報告書の分析 - 学生のための企業情報分析の試み -
英文題目: A Text Mining Approach for Securities Reports -A Trial Analysis of Company Information for Job Hunting Students-
氏名: 吉松 洋人 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 本研究では,分散表現を利用したテキストマイニング手法の一つであるWord2vecを利用し,2015年10月1日から2018年9月30日に提出された31業種,14054件の有価証券報告書の定性情報を分析した.これにより,各企業間の事業内容の関係性を発見し,学生の企業分析の支援に有効であるかどうかを検証した.企業間の事業内容の関係性を探る方法として,Word2vecで作成した学習モデルを用い,各単語の単語ベクトルから企業名間のコサイン類似度を算出し,事業内容の類似性を発見した.また,単語ベクトルを2次元にプロットすることによる企業間関係の可視化を行い,さらにWord2vecの特徴を生かした単語の意味の演算を行った.これにより,事業内容の類似している企業を発見することが可能であるなどのことが分かり,企業分析をする際に一定の有用性があることが確認できた.

“テキストマイニングによる有価証券報告書の分析 - 学生のための企業情報分析の試み -” をダウンロード 吉松洋人_赤倉研.pdf – 4 回のダウンロード – 391 KB

田中 俊輝, 中川 恵輔: 授業改善に役立てる講義映像を用いた教授行動の検出
英文題目:
氏名: 田中 俊輝, 中川 恵輔 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 NO DATA.
谷野 咲世子: S-P表の注意係数を用いたフィードバックが学習者の学習状況理解に与える影響の分析
英文題目:
氏名: 谷野 咲世子 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 NO DATA.

2017年度

香取 拓朗: フローチャートを用いて視覚的補助を行いながらトレース学習を進めるプログラミング学習支援システムの開発と評価
英文題目: Development of a Learning Support System for Programming Trace Learning with Visual Assistance by Flowchart and Its Test
氏名: 香取 拓朗 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 近年,情報技術の発展によるIT社会の発展が進んでいる.その中で,我が国の情報技術が世界に先んじるためには,情報技術教育を充実させ,より高度な情報技術者を育成しなければならない.そこで著者は,情報教育の基礎となるプログラミング教育を支援するシステムを開発した.本システムは,フローチャートを用いたトレース学習によって,プログラムを学ぶ際の難点とされるプログラムの命令における詳細な処理と,全体的なアルゴリズムの原理の理解を促進させることを目的とする.プログラミング初学者に本システムを用いた評価実験を行ったところ,プログラムの命令における詳細な処理の理解に対する有効性が確認できた.

“フローチャートを用いて視覚的補助を行いながらトレース学習を進めるプログラミング学習支援システムの開発と評価” をダウンロード 香取拓朗_赤倉研.pdf – 0 回のダウンロード – 231 KB

小酒井 圭佑: LDA による有価証券報告書の事業リスク評価
英文題目: Bussiness risk assessment of the listed companies’ Annual Securities Reports using LDA
氏名: 小酒井 圭佑 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 本論文では,各業界が抱えるリスクを発見するために,テキストマイニング手法の一つであるLDA(Latent Dirichlet Allocation)を用いて各会社を評価する.昨今,投資家たちは有価証券報告書の中で財務諸表に加えてリスクについてのテキスト情報を読み解くことによって投資判断を行っている.しかし,それらのテキスト情報をすべて読むことは困難であり,仮に読むとしても膨大な時間を要する.そこで,本論文では,日本で上場している2014年度~2017年度31業種14,127社の有価証券報告書の事業リスクなどの文書に対してLDAを用いてトピックに分類を行う.各業種は特有なリスクを抱えているという仮説のもと分析・考察を行った.結論として,本論文はLDAを用いて業種ごとに特有なリスクを導き出した。

“LDAによる有価証券報告書の事業リスク評価” をダウンロード 小酒井圭佑_赤倉研.pdf – 4 回のダウンロード – 347 KB

齊藤 雄大: Error Based Simulation に基づいたフィードバックが可能な3DCG構造力学学習支援システム
英文題目: 3DCG structural mechanics learning support system is capable of feedback based on Error Based Simulation
氏名: 齊藤 雄大 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 本研究では,室伏の開発した3DCG構造力学学習アプリケーションの課題として挙げられたフィードバック機能にEBSの考え方を導入しシステムを改良する事により課題解決を試みた.フィードバック機能の改良点としては,“誤りの際のメッセージ表示の改良”と“誤りの際に入力値に応じた挙動と正解の挙動を提示”の2点である.“誤りの際に入力値に応じた挙動と正解の挙動を提示”においてEBSの考え方を導入し,学習者が解答を誤った際に,入力値に応じた挙動と正解の挙動を観察させることで視覚的に誤りに気付かせ,誤りを訂正させることを期待している.改良したフィードバックの有効性を示すことを目的とした評価実験を行い,従来のアプリケーションとの比較により改良したフィードバック機能が有効である可能性が示唆された.

“Error Based Simulationに基づいたフィードバックが可能な3DCG構造力学学習支援システム” をダウンロード 齊藤雄大_赤倉研.pdf – 2 回のダウンロード – 463 KB

柴 亮輔: トピックモデル分析を用いた理工系学部における技術者倫理教育の現状の分析
英文題目: Analysis of the Engineer Etchics Education in Department of Science and Engineering using Topic Model
氏名: 柴 亮輔 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 本論文では,大学における技術者倫理教育の傾向を把握することを目的に,理工系学部の技術者倫理関連科目のシラバスを対象にしたトピックモデル分析を行った.従来の大学における技術者倫理教育に関する関連研究は,技術者倫理と名のつく科目のみを対象としていたのに対し,本論文では,倫理を取り扱う専門科目にも焦点を当てたシラバス調査を行った.解析手法にはトピックモデル分析手法の一つであるLDAを使った.その結果,倫理を扱う専門科目を11のトピックに分類することができた.分析結果より,技術者倫理に関する授業内容(トピック)は,学科や科目の特徴ごとに多様であり,各専門科目独自の倫理を授業で取り扱っていることがわかった.また,同一名称科目に着目した分析を行った結果,大学・学科によって,中心として取り扱う授業内容に違いがあることがわかった.

“トピックモデル分析を用いた理工系学部における技術者倫理教育の現状の分析” をダウンロード 柴亮輔_赤倉研.pdf – 2 回のダウンロード – 432 KB

清水 創太: e-Testing における登録文字種から未登録文字種を認証するモデルの提案
英文題目: Proposal of a Model to Writer Identification Unregistered Character Types from Registered Character Types in e-Testing
氏名: 清水 創太 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 自由記述を想定したe-Testingにおけるなりすまし防止のための研究の中に筆記認証を用いたものがある.自由記述を想定したe-Testingへの適応は,事前登録データが多量に必要になり受験者に負担をかけてしまうことから困難である.先行研究では,吉村らの字画分割法により直線を主とした文字(漢字)における認証の可能性が示唆された.本研究では,Siddiqi et al.による文字の輪郭と曲線の特徴量を応用し,曲線のある文字に対応できる本人が書いた別の文字を認証するモデルを提案する.同一文字の認証では,codebookと巨視的な特徴量を組み合わせた認証におけるEERが25.3%であることを確認できた.また,異なる文字の認証では,codebookと局所的な特徴量の一部を組み合わせた認証におけるEER 36.1%が確認できた.これらの結果よりcodebookと局所的な特徴量は異なる文字の認証に有効な特徴量でることが示唆された.

“e-Testingにおける登録文字種から未登録文字種を認証するモデルの提案” をダウンロード 清水創太_赤倉研.pdf – 4 回のダウンロード – 706 KB

林 大介: e-Testing におけるタブレットPCとオンライン筆記情報を用いた筆記認証法の提案
英文題目: Proposal for Writing Authentication Method Using Tablet PC and Online Handwritten Information in e-Testing
氏名: 林 大介 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 既存のe-Testingにおける筆者照合の研究は,普及の進んでいないペンタブレットを用いたものであった.そこで本論文では,e-Testingにおける受験者認証に新たにタブレットPCを導入することを目的とした.タブレットPC導入の評価実験で,FRRを0%に設定したときのFARとEERの両方で,ペンタブレットを上回る認証精度を得た.実試験環境での評価実験では,FRRを0%に設定したときのFARは10%,EERは7.5%であり,各々目標としていた15%,10%以下を達成できた.以上 の結果より,e-Testingにおける受験者認証にタブレットPCを導入可能であると考えられる.

“e-TestingにおけるタブレットPCとオンライン筆記情報を用いた筆記認証法の提案” をダウンロード 林大介_赤倉研.pdf – 3 回のダウンロード – 331 KB

藤田 風志: 板書画像にコメントを付与できて情報を共有できる非同期型e-Learningシステムの開発
松本 知尭: 著作権侵害を体験的に学ぶことができるカードゲーム教材「CII」の開発
英文題目: Development of Learning Tool “CII” Card Game That learn Examples of Copyright infringement Experimentally
氏名: 松本 知尭 指導教員: 赤倉 貴子 教授
 本研究では,著作権侵害事例を体験的に学ぶことができるカードゲーム教材「CII」の開発を行った.本研究の特徴は,実際には体験することができない著作権侵害を,事例を用いたカードゲーム教材として体験的に学ぶことができることである.学習者は,著作権に関する事例を通して,現実問題に当てはめながら著作権に関する基礎的な知識を身に付けることができる.さらに,他の学習者とコミュニケーションを取りながら意欲的に学習することができる.開発した「CII」を用いた評価実験を,大学生を対象に行った結果,他の学習者とのコミュニケーションを通して,著作権に対する学習意欲向上が示唆された.また,本教材により学習者自身や他の学習者が著作権侵害をしていないかを考えながら体験的に学習できることが確認できた.

“著作権侵害を体験的に学ぶことができるカードゲーム教材「CII」の開発” をダウンロード 松本知尭_赤倉研.pdf – 2 回のダウンロード – 287 KB

間仁田 賢: HMD式VRを用いた初等力学分野学習における動機づけ方法論の提案と評価